FC2ブログ

2019-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年一斉バージョンアップ 追加機能に関するご案内

【対象製品:メディカロリー、プロカロリー、Qカロリー】
【対象OS:Windows 全シリーズ】

登録:2015年6月22日
更新:

弊社ご提2015年6月にお送りしました、一斉バージョンアップの中に
『食種ごとに特別食加算の「加算」「非加算」が設定できる』機能追加をしております。
これにより、個人管理入力で食種を指定しただけで、加算・非加算が自動的に設定できるようになります。

ただし、下記のようなことが予想されますので、再度ご案内させていただきます。


【機能アップ内容】
食種ごとに特別食の「加算」「非加算」を登録できるようにしました。

【予想されること】
食種ごとに「加算」「非加算」を設定しない状態で運用されますと、個人管理で、これまで個人毎に
「加算」「非加算」の入力を行っていた場合、食種の変更入力をしたタイミングで、特別食加算が
「非加算」になる可能性があります。

****************************
例)
食種:糖尿病食1400Kcal、「加算」を入力していた。
食種を「糖尿病食1400Kcal」から「糖尿病食1200Kcal」へ変更入力。
※特別食加算は「加算」のままで良い。

上記例の場合、これまでは、「加算」「非加算」は必要に応じて都度でご入力いただいていたため、
「加算」の食種から「加算」の食種に変更される場合、食種の変更入力のみでした。
アップデート後は、食種を「糖尿病食1200Kcal」に変更した時点で、「加算」から「非加算」に変わります。

以上の理由から、ユーザー様によっては、意図しないところで加算・非加算の情報が変わってしまった。
と思われる事が予想されます。
****************************

【ご注意いただきたい点】
・食種の「加算」「非加算」を設定する機能をご利用される場合、食種の登録画面で食種ごとの
設定を行ってください。

・個人ごとに「加算」「非加算」の入力できる機能はそのままですので、食種を変更した際に
「加算」「非加算」を確認し、都度でご入力ください。

内容につきましてご不明な箇所などございましたらご連絡くださいますようお願いいたします。



最後になりましたが、一斉バージョンアップCD送付時の説明が不十分だった事をお詫び申し上げます。
スポンサーサイト

ウイルスセキュリティソフトによる問題について2

登録:2014年7月17日
更新:

弊社カロリーシリーズは製品出荷前に複数のウイルスセキュリティソフトにより安全を確認しておりますが、ウイルスセキュリティソフトの誤認識によってアップデートや製品の動作に不具合が起こる場合があります。


このような不具合を回避するためには各ウイルスセキュリティソフトにて、プログラムファイルフォルダとデータフォルダを検査対象から除外するように設定していただく必要がありますが、一部ソフトでは除外する設定がないソフトがあります


■現在弊社で対象外(除外)設定ができないことを確認している
 ウイルスセキュリティソフト (2014年7月17日現在)


  McAfee社の製品(マカフィー リブセーフ、インターネットセキュリティ、他)


弊社カロリーシリーズをご使用するパソコンにおきまして、上記ソフトのご使用による不具合が発生しても、弊社では責任を負いかねます。
ご理解の程、宜しくお願いいたします。









↓↓↓↓以下はこのブログのスポンサーサイトの表示ですので弊社とは関係ありません↓↓↓↓↓↓↓

Windows7でデータフォルダの扱いについての注意

Windows7より新しく追加された【ライブラリ】をご使用する場合は、「TotalSoftWareJP」フォルダを移動または削除などされないようにご注意をお願いします。

弊社カロリーシリーズのデータはすべて共通フォルダ(パブリックフォルダ)に保存されます。

イメージ


【ライブラリ】の「ドキュメント」にはこの共通フォルダと現在お使いのユーザーのマイドキュメントフォルダが混在して表示されます。
カロリーシリーズをお使いのお客様は、ドキュメントフォルダに「TotalSoftWareJP」というフォルダが作成されていますが、これはカロリーシリーズのすべてのデータと設定情報が含まれています。
このフォルダが移動または削除されていると製品が正しく起動することが出来ません。

ドキュメントフォルダ内の「TotalSoftWareJP」フォルダを移動または削除などされないように十分ご注意ください。

「システムの復元」を使用した際のトラブルについて

Microsoft社のWindows XP / Vista / 7に「システムの復元」という機能があります。

この機能はOS上でなにかトラブルがあった際にシステム情報を過去に保存されている分にもどして復旧をはかるという機能です。

【「システムの復元とは」(Microsoft)】
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/What-is-System-Restore

【「システム ファイルとシステム設定を復元する」(Microsoft)】
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/Restore-system-files-and-settings


この機能はOSに対してなにか変更が加えられた際(例えばデバイスドライバをインストールしたり、WindowsUpdateをおこなってみたり等)におこったトラブルを修復するものです。

【「システムの保護とは」(Microsoft)】
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/What-is-system-protection


弊社カロリーシリーズのようにシステムに変更を加えないソフトウェアでのトラブルはこの「システムの復元」をおこなっても解決することはありません。
システム情報が過去の状態に戻ることによってアプリケーションが使用できなくなったり、思わぬ不具合を生むことが多くみられます。

IPA(情報処理推進機構)のホームページでも「3.注意点」にこうあります。

【「Windowsでの「システムの復元」の実施手順」IPA(情報処理推進機構)】
http://www.ipa.go.jp/security/restore/
============================================
1)「システムの復元」起動時、ドキュメントや電子メールなどのデータには影響がないと表示されますが、それが保障されるものではありません。一部のアプリケーションの動作が不安定になったり、最悪の場合、パソコンが起動しなくなるといった状態になる可能性もあります。重要なデータは、必ずバックアップを取ってから実行してください。
============================================



また以下のようにあります。
============================================
3)「システムの復元」が正常に完了すると、システムが過去の状態に戻ります。従って、選択した「復元ポイント」から現在までの間に実施したMicrosoft Updateやアプリケーションのインストール、バージョンアップも巻き戻ります。システムの正常動作が確認できたら、Windowsやその他のアプリケーションの状態を確認し、必要に応じてMicrosoft Updateやアプリケーションのバージョンアップを実施しなおしてください。
============================================


「システムの復元」をおこなうとプログラムフォルダにあるアプリケーションも復元がおこなわれます。
この際にアップデートなどをおこなった環境では一部の情報が残ったままになったり、情報が欠損したりするようです。

弊社としましては「システムの復元」をおこなった際のトラブルに対しては責任を負いかねます。
ご理解の上でご利用に関しては十分にご注意いただければと存じます。

ウイルスセキュリティソフトによる問題について

弊社カロリーシリーズは製品出荷前に複数のウイルスソフトにより安全を確認しておりますが、ウイルスセキュリティソフトの誤認識によってアップデートや製品の動作に不具合が起こる場合があります


このような不具合を回避するためには各ウイルスソフトにて、プログラムファイルフォルダとデータフォルダを検査対象から除外するように設定していただく必要があります


対象外にする方法は各ウイルスソフトのマニュアル等をご確認の上設定をおこなってください。
また、お問い合わせは各ウイルスソフトのメーカーにお願いいたします。
弊社でのウイルスソフトに関するご質問は一切お答えできませんのでご了承ください。


設定の変更に関してはあくまでも自己責任において対応していただきますようお願いいたします。
変更に関してなんらかの不具合が発生しても、弊社では責任を負いかねます。
ご理解の上で対応の程宜しくお願いいたします。


■現在弊社で不具合を確認しているウイルスソフト(2012年11月5日現在)
ウイルスバスター2011、2012(トレンドマイクロ社)
ウイルスセキュリティZERO(ソースネクスト社)
ノートンアンチウイルス(シマンテック社)
セキュアエニウェア アンチウイルス (WEBROOT社)

■ウイルスセキュリティZERO
https://www.sourcenext.com/product/vs/users/use/
(「誤検知への対処方法」を参照してください。)

■ウイルスバスター
http://esupport.trendmicro.co.jp/pages/JP-2079648.aspx?cm_sp=Sup-_-vb_f_virus2012-_-009
(「特定のファイルやフォルダを検索対象から除外するには、どのようにしたらよいでしょうか。 」)
http://esupport.trendmicro.co.jp/pages/JP-2079654.aspx?cm_sp=Sup-_-vb_f_virus2012-_-011
(「誤警告によりファイルが削除された場合、どのように対処すればよいでしょうか。」)

■ノートンアンチウイルス
https://www-secure.symantec.com/norton-support/jsp/help-solutions.jsp?ct=jp&docid=v64044912_EndUserProfile_ja_jp&entsrc=redirect_pubweb&ispid=&layout=Retail&lg=ja&partner=&product=Norton+AntiVirus&pvid=f-nav-cur&q=%E9%99%A4%E5%A4%96&version=current
(「ノートン 2012 製品で、特定のドライブ、フォルダ、ファイルを除外するようにスキャンを設定する方法」)

















↓↓↓↓以下はこのブログのスポンサーサイトの表示ですので弊社とは関係ありません↓↓↓↓↓↓↓

«  | ホーム |  »

プロフィール

TSCサポート

Author:TSCサポート
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
その他 全般 (6)
セットアップ・アップデート (2)
リンク・共有設定 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。